教育学部

初めての幼児との出会い

2020.11.10

This is the beginning of making your dream come true.

幼稚園教諭・保育士コースには「学びの森保育プラン」があります。このプランには将来保育職につくために役に立つ保育技術や、就職試験対策のために設けられた科目9科目が4年間に渡って配置されています。その皮切りが1年生後期から始まる「保育現場参観」です。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、なかなか保育の現場にお邪魔することが難しかったのですが、中部学院大学の2つの付属幼稚園と中部学院の関連園である常磐保育園の3園にお邪魔しました。見学前には常磐保育園の廣瀬園長先生に来ていただき、見学の心構えや保育者の使命についてお話を伺うことができました。

当日、学生に同行した教員からはこんな感想が寄せられました。

  • 子どもとの出会いを心待ちにしている様子がよくわかった。
  • 学校での姿とは違い、「先生」と呼ばれる意識からか動き方もテキパキしていた。
  • マスクで顔の半分が覆われていたにも関わらず表情の変化が手に取るようによく伝わってきた。
  • 子どもたちが興味を持っていることに気持ちを寄せて一緒にその場を楽しもうとする姿勢が見られた。
  • 子どものことが好きで入学してきた学生達だと言うことを改めて感じた。
  • 園の先生方の保育から学ぼうとする気持ちがひしひしと伝わってきた。

この日は、学生たちにとって、ようやく「実践の学びの一歩」になったようです。次の日大学であった学生たちの表情は、心なしか保育者の顔になっていたように思います。これからの成長が楽しみです。

先生の語りを聞く学生たち
先生の語りに引き込まれる様子

子どもたちと一緒にまねっこ遊び
子どもたちと一緒にまねっこ!

学生のひざに乗る子ども
甘えてきてくれてうれしい!

子どもに話しかける学生
何して遊ぶ?

誕生会
一緒に誕生会に参加!

子どもとごっこ遊びをする学生
どうぞ召し上がれ!

ページの先頭へ戻る