教育学部

English Shower in Norikura, 2019

2019.08.21

Rich Interaction with Junior High School Students & ALTs in English

2019年度より、中部学院大学 地域連携事業の一つとして、高山市教育委員会・高山市大学連携センターとの連携により実現した「Takayama English Shower in Norikura, 2019」に中部学院大学教育学部の6名が参加させていただきました。

これは、高山市では15年以上続いている英語イベントです。高山市の中学生の英語力向上を目指し、高山市のALT(外国語指導助手)が中心となって企画・運営する英語キャンプです。本学の学生も乗鞍青少年交流の家に一泊し、英語を使った活動・ゲーム等、そして、寝食をALTや中学生と共にし、常に英語を「使い合い」ながら楽しい時間を過ごすことができました。

思春期まっただ中の中学生とどのように関わるのか、どのようにお互いの距離を縮めていくのか、心をなかなか開いてくれない中学生にどのようなタイミングで声をかけていくのか等について悩みながらも、高山市のALTのフレンドリーな対応によって少しずつ笑顔で関わることができるようになりました。また、簡単な英語であっても、その場で即興で考え伝えていくことの難しさも体験できたと思います。しかしさすが大学生です。堂々と中学生やALTに英語で話しかけている姿は、普段の大学生活では見せない姿だったと思います。

アイス・ブレーキング活動の様子
アイス・ブレーキング活動 初めて会う仲間たちと仲良くなるための活動全員で人文字をつくりました。”ENGLISH ” 見えますか?

英語で自己紹介中
英語で自己紹介中です。とても簡単な紹介であっても、初めて合う相手に英語で自分のことを紹介することは、結構緊張しますね。

各グループに一名ずつ入る学生
各グループに一名ずつ入り、交流をしていきました。中学生も学生の話をよく聞いてくれました。

中学生に英語で話しかける学生
英語で中学生に話しかけています。相手に分かりやすく伝えることの難しさも体験することができました。

大学生の英語を聞く中学生
大学生の英語をじっくりと聞いて理解しようとしている中学生。一生懸命に伝えようとすると相手もそれを分かってくれます。

1分コマーシャルづくり
「1分コマーシャルづくり」の練習中!! あるテーマに沿って、仲間とアイデアを出し合いながら楽しいコマーシャルを作成しました。

積極的に英語を使う学生
中学生にとって「英語の使い手のモデル」になれるように、積極的に英語を使うように努めました。

英語で話す中学生たちの様子

英語を話す中学生のグループに入る学生の様子

ページの先頭へ戻る