教育学部

4年間使う実習用名札を作りました

2019.04.24

Making Unique Name Tags

教育学部の授業「子育て支援」では、4月24日に4年間使う実習用名札を作りました。
あたたかみのある名札は、子どもが初めての先生に安心して、楽しい気持ちでかかわるきっかけとなります。そして、子どもに自分の名前を早く知ってもらい、また、職員の方にも名前で呼んでいただき、信頼関係の育成にも繋がることでしょう。
一人ひとりが関わる子どもの姿を思い浮かべ、設計図を描き、その設計図に基づいて作成に取りかかりました。初めて裁縫をした学生もおり、試行錯誤の様子でしたが、子どもと関わる自分の姿を思い浮かべ、一生懸命取り組みました。

名札は連休明けに完成予定です。そして、名札をつけての本格的な実習は本年度2月が最初となります。どのような子どもとの関わりが生まれるか、今から楽しみです。

自分の身体に当てサイズ確認する学生
自分の身体に当て、サイズを最終確認です。

名前の配置を考える学生
名前の配置は、子どもが見やすい配置になっているでしょうか?

設計図をもとに名札を作成する学生
紙で作った設計図をもとに、作成に取りかかっています。

名札を作成する学生の様子
一人一人、個性溢れる名札の完成が今から待ち遠しいです!

ページの先頭へ戻る