教育学部

6/14(水)子ども教育コース3年生が、桐が丘幼稚園で現場体験をしました

2017.06.14

小学校教員免許状を取得する子ども教育コースの3年生が、「教育現場体験Ⅱ」の授業において、本学の附属幼稚園「桐が丘幼稚園」で観察実習しました。

小学校では小1プロブレムが課題となっています。幼稚園や保育園から小学校へのスムーズな接続が大切です。そのため、年長組の子どもたちの様子から、どのように小学校1年生につなげるかを考えました。
3年生は既に幼稚園実習を終えています。そのため、幼稚園児への対応は慣れたものです。しかし、必ずしも年長組を実習した学生ばかりではありません。このように、実際の子どもたちにふれ合うことで実践力を身につけます。

最初に多くの子どもたちとふれ合いました
最初に多くの子どもたちとふれ合いました

すぐに学生たちは子どもたちと打ちとけます
すぐに学生たちは子どもたちと打ちとけます

子どもの目線で語りかけます
子どもの目線で語りかけます

園長先生から小学校と幼稚園の違いについて御講話をいただきました
園長先生から小学校と幼稚園の違いについて御講話をいただきました

どの学生も園長先生のお話をしっかりメモして聞きました
どの学生も園長先生のお話をしっかりメモして聞きました

2つのクラスに別れて、朝の会を観察しました
2つのクラスに別れて、朝の会を観察しました

学生たちは笑顔で子どもたちに語りかけます
学生たちは笑顔で子どもたちに語りかけます

子どもたちと一緒に身振りたっぷりで歌を歌います
子どもたちと一緒に身振りたっぷりで歌を歌います

親子体操教室のはじまりです。学生たちは親代わりもしました。
親子体操教室のはじまりです
学生たちは親代わりもしました

子どもたちと一緒にコーディネーショントレーニングをしました
子どもたちと一緒にコーディネーショントレーニングをしました

プールで水泳の様子を観察する学生た。真剣でしかも笑顔で観察します。
プールで水泳の様子を観察する学生たち
真剣でしかも笑顔で観察します

今日は半日の参観、ありがとうございました
今日は半日の参観、ありがとうございました

ページの先頭へ戻る