教育学部

2020年度卒業論文発表会を開催しました

2021.01.28

The Culmination of the Four Years

教育学部では、1月28日(木)2限・3限に、2020年度卒業論文発表会を開催いたしました。

4年生は12月に卒業論文を提出し、その後はこの発表会にむけてパワーポイントの作成と発表練習などの準備をしてきました。3年生は4年生の卒業論文のサマリー集をもとに、聴講したい発表会場を予め決めて臨みました。学部教員も参加しました。卒業論文発表会当日は7つの会場に分かれ、4年生はスーツを着て引き締まった表情で自分の卒業論文について15分間のプレゼンを行いました。発表後には質疑応答の時間があり、発表者は3年生や教員からの質問にもしっかりと答えていました。中部学院大学教育学部での4年間の学びの集大成となりました。

卒業論文発表会スライド
いよいよ卒業論文発表会のスタートです。これまでの成果を発表する時がやってきました。

卒論発表をする学生の様子1
自分の問題意識をもとに追究した卒論テーマです。どれも興味深いテーマばかりでした。

卒論発表をする学生の様子2
図表や写真、構造図などを用い、分かりやすく整理しながら発表していました。

卒論発表をする学生の様子3
プレゼンしている姿は、すでに教師の風格が漂っていて頼もしい限りでした。

緊張感漂う発表会場の様子
緊張感漂う発表会場の様子です。進行役やタイムキーパーも4年生が担いました。

発表の会場となったパソコン室
パソコン室も発表会場となりました。マイクを使い、堂々と発表していました。

メモを取りながら熱心に聞く学生の様子
会場の学生は、しっかりメモを取りながら、一つひとつの発表を熱心に聞いていました。

発表を聞く3年生の様子
3年生は1年後の自分自身の姿を重ねながら、先輩の発表を聞いているようでした。

質疑応答の様子
発表後の質疑応答の時間には、3年生からも積極的に質問や感想が出されました。

発表後にコメントをする教員
学部教員からも、一人ひとりの発表について温かいコメントが送られました。

ページの先頭へ戻る