教育学部

「みんなの森の学校」で教育学部の学生が企画運営に携わりました

2017.07.09

今年は中部学院大学の母体である岐阜済美学院の創立100周年の年にあたります。
その創立100周年記念事業の一環として各務原キャンパス・学びの森を中心に、「みんなの森の学校」が開催されました。また、各務原市からの委託を受け、昨年に引き続き、親子ふれあいフェスタを同時に開催しました。

どちらの事業も教育学部の学生が中心に企画運営に携わりました。
親子ふれあいフェスタでは、各務原市内の高校、大学、短大のブースを出していただきました。
どのブースも工夫が凝らされ、親子の皆さんにとってとても充実した一日になったと思います。
当日は、かなり蒸し暑いどんよりとした天気になりましたが、2500人ほどの参加者の皆さんや250人を越えるボランティアの皆さんの声が、会場全体に響き渡っていました。

岐阜済美学院長岐阜済美学院長の挨拶

教育学部長教育学部長の挨拶

巨大バルーンを飛ばそう巨大バルーンを飛ばそう

親子でダンボール遊び親子でダンボール遊び 何ができるかな?

親子でダンボール遊び親子でダンボール遊び どこまで積めるかな?

コーディネーショントレーニング学生と一緒にコーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニング落ちないように!

ピタゴラスイッチ学生が作ったピタゴラスイッチで遊ぼう!

タッチパネルを使った英語の勉強タッチパネルを使って 英語のお勉強!

学生の考えた科学実験学生の考えた科学実験

言葉であそぼう!言葉であそぼう!

積み木やブロックで遊ぼう!積み木やブロックで遊ぼう!

親子でお弁当づくり親子でお弁当づくり おいしいお弁当できるかな

劇団風の子劇団風の子 「ただいまーのいってきまーす」

劇団風の子劇団風の子「ただいまーのいってきまーす」

ピアノとマリンバの演奏ピアノとマリンバの演奏

ピアノとマリンバの演奏すてきな歌声をご披露いただきました

バルーンアート幼児教育学科のバルーンアート

すごいぞ日本の化学力親子で楽しむ「すごいぞ日本の化学力」

すごいぞ日本の化学力親子で楽しむ「すごいぞ日本の化学力」

学生は、今回の様々な活動を通して、子どものすごさや、大人の援助のあり方、活動を企画する力など、様々なことを学びました。

ダンボール遊びを企画した学生の感想

この日の活動は、大量のダンボールを準備し、そのダンボールを子ども達がどのように扱うかを見てみようと思って企画した活動でした。最初はダンボールでどんな遊びをしてくれるかなと不安もありましたが、時間が経つにつれ、子ども達の発想の豊かさに驚かされました。大人は、その姿を見守ることを基本に、そうした発想に共感したり、子どものしている活動を共にする役割があることを学びました。

ページの先頭へ戻る