教育学部

6/21(水)子ども教育コース3年生が、各務原市の中学校で授業参観をしました

2017.06.21

小学校教員免許状を取得する子ども教育コースの3年生が、「教育現場体験Ⅱ」の授業において、各務原市内の中学校で授業参観をしました。小学校の教員免許状を取得するためのカリキュラムですが、小学校の教員には義務教育として9年間を見通した視点が必要です。そこで、今回は義務教育最後の3年生の姿を授業参観させていただき、生徒の姿や教師がどのように授業を進めるかを学びました。
前回の幼稚園参観と共に、小学校教育だけではなく幼稚園から中学校を見通した教育の視点を身につけることが求められます。このように、「学びの森教育プラン」では小学校を中心に幼稚園から中学校まで、実際の子どもたちにふれ合うことで実践力を身につけます。

校長先生から小学校と中学校の違いについて御講話いただきました校長先生から小学校と中学校の違いについて御講話いただきました

中学3年の数学の授業を参観させていただきました中学3年の数学の授業を参観させていただきました

学生達は今まで小学校の授業は何度も参観しましたが、中学校の授業参観は初めてです学生達は今まで小学校の授業は何度も参観しましたが、中学校の授業参観は初めてです

中学3年の授業を参観することで、義務教育最後の出口の姿を知ることができました中学3年の授業を参観することで、義務教育最後の出口の姿を知ることができました

小学生とは違った姿を多数見ることができました小学生とは違った姿を多数見ることができました

生徒たちの真剣な姿に、学生も思わず授業に引き込まれていきました生徒たちの真剣な姿に、学生も思わず授業に引き込まれていきました

授業後に研修会を行い、感想などを交流しました授業後に研修会を行い、感想などを交流しました

学生の司会で自主的に研修会が進みました学生の司会で自主的に研修会が進みました

ページの先頭へ戻る