教育学部

6/15(木)子ども教育コース3年生が各務原市の小学校で「道徳」を参観しました

2017.06.15

小学校教員免許状を取得する子ども教育コースの3年生が、「授業実践演習Ⅲ」の授業において、各務原市内の小学校でベテラン教師による「道徳」の授業を参観しました。
子ども教育コースの学生は、「学びの森教育プラン」のカリキュラムにしたがい、教育現場に出向いて、実際の授業を参観したり、子どもたちとふれ合ったりする活動が多く盛り込まれています。今回は現場のベテラン教師による「道徳」の授業を参観しました。大学でも模擬授業などを実施しますが、児童の反応や教師の発問など学ぶことが沢山ありました。

小学校教員免許状を取得する子ども教育コースの3年生が、「授業実践演習Ⅲ」の授業において、各務原市内の小学校でベテラン教師による「道徳」の授業を参観しました。

校長先生から教育現場の実態や教師としての心構えなど貴重なお話も頂けました。このように、より現場に近い活動を行うことで、教師力を身につけています。

校長先生から教育現場の実態や教師としての心構えなど貴重なお話も頂けました。

このように、より現場に近い活動を行うことで、教師力を身につけています。

ページの先頭へ戻る