教育学部

幼稚園教諭・保育士コース

主に幼稚園教諭・保育士・福祉関連職を目指すコースです

保育・幼児教育や子育て支援に必要な知識と技術を着実に身につけるため、現場体験を積み重ねます。
常に子どもとかかわるプロセスの中で、子ども理解と保護者支援の力を育成します。
さらに、希望すれば社会福祉士の受験資格も取得できます。

幼稚園教諭・保育士コース

POINT1 地域資源を活かした保育力育成

1年生から子どもと実際にふれあい、体験的に学ぶ場が豊富にあります。免許・資格に関わる学習はもちろん、さまざまな授業で、現場での参与観察や模擬保育、近隣の園児を招いた保育実践と振り返り、インターンシップに加え、地域連携行事でのボランティア体験などを通じて、保育実践力を高めます。

POINT2 保育を追究する力を養います

見たもの、感じたものを率直に言葉にする「エピソード記述」は、本学の看板となっています。この記述を用いて、環境構成のとらえ方や幼児理解を深め、保育の基礎となる「子どもの実態をとらえる力」を身につけ、現場で必要とされる保育プランナー(実践企画者)としての能力を養います。

子ども家庭支援センター「ラ・ルーラ」

「ラ・ルーラ」は就学前の親子の育ちを、みんなで支え育む“子育て支援の場”です。
ここは次世代を担う学生が、子育て支援事業への理解や子育てという営み、家庭支援や子どもの発達支援などを学べる絶好の環境です。
授業では、ラ・ルーラの親子を対象に、子どもたちが主体的に活動できる保育環境や支援者のあり方、保護者とのコミュニケーションのあり方について学べます。
大学内にあって廊下の窓越しに親子のふれあいや子どもの成長を感じられる全国でも数少ない施設です。

学びのフロー

学びの森保育プラン

2014年以前の入学生はこちら

ページの先頭へ戻る