教育学部

コース紹介

子ども教育コース

主に小学校教諭を目指すコースです

幼稚園教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状・社会(他学部履修)も取得できます。
教育現場での体験を重視した学修、幼稚園教育との連携を大事にした学修等を通して、実践的指導力と豊かな子ども観を備えた教育者を目指します。

子ども教育コース

POINT 教師力が身につく

「教養科目」「教職科目」「教科科目」で学修した教職に必要な知識や技能と、教育現場での体験を重視した「学びの森プラン」で学修をリンクさせ、卒業した後、自信をもって教壇に立てる実践的な指導力(教師力)が身につく教育に力を入れています。

POINT 教員採用試験対策が手厚い

教員免許状を取得し、教員採用試験に合格して初めて正教師として教壇に立つことができます。その採用試験で実施される「専門試験」「教養試験」「面接試験」「論作文試験」に合格するために、1年次から4年次にかけて、教職センターが中心となり、学部教員全員で、計画的に手厚くサポートします。

学びの森教育プラン

教育現場での即応力が求められる今、本学では教育現場とのつながりを大事にしたカリキュラムとなっています。
大学での学びを学外実習で活かし、実習先で体験した課題を大学での学びで納得。体験と省察の往還で知識、経験知を深め、実践的指導力を身につけていきます。
これが「学びの森プラン」です。

教職センター

センターでは教職経験豊富なスタッフが常駐しています。
例えば、4年次夏に行われる小学校教員採用試験に向けて、勉強の内容や勉強方法の相談にのったり、教員採用過去問題集を取り揃え、難問についてもわかりやすく説明します。他にも教員採用試験関連の様々な資料や最新の情報を提供しています。
また3年次の小学校教育実習に向けて模擬授業や教材研究などの授業づくりのノウハウを学んだり、日頃の教職についての疑問を気軽に相談できる環境です。

ページの先頭へ

保育・幼児教育コース

主に保育士・幼稚園教諭・福祉観連職を目指すコースです

保育・幼児教育や子育て支援に必要な知識と技術を着実に身につけ、子どもと保護者の内面理解が深まるよう現場に強い学生を育てます。
さらに、児童福祉施設などでも活躍が期待される「社会福祉士」の受験資格も取得できます。

保育・幼児教育コース

POINT 保育を深く探求する力を養います

  1. 本学独自の記録方法(エピソード記録)によってい幼児理解の質を深めます。
  2. 保育のフィールドに出向き、肌感覚で子どもの発達や指導・援助のあり方を学びます。
  3. 自分を表現する喜びを知り、保育技術を高めます
  4. 地域との交流を通して、様々な人々とのコミュニケーションツールを学びます。

POINT 地域子育て演習

3年次に地域子育て支援実習があります。
地域における子育ての現状への理解を深めるために子育て支援センター児童館(こども館)、共同保育所、病児保育所などで実習をします。
実際に子育て中の保護者に寄り添いながら、子育てに喜びを持ってもらう支援のあり方などを学ぶ、全国的にもユニークな取り組みです。

子ども家庭支援センター「ラ・ルーラ」

「ラ・ルーラ」は就学前の親子の育ちを、みんなで支え育む“子育て支援の場”です。
ここは次世代を担う学生が、子育て支援事業への理解や子育てという営み、家庭支援や子どもの発達支援などを学べる絶好の環境です。
授業では「ラ・ルーラ」の親子を対象に、子どもたちが主体的に活動できる保育環境や支援者のあり方、保護者とのコミュニケーションのあり方について学べます。
大学内にあって廊下の窓越しに親子のふれあいや子どもの成長を感じられる全国でも数少ない施設です。

2014年以前の入学生はこちら

ページの先頭へ戻る