教育学部

教育学部 子ども教育学科

子どもと関わり「生きる、を学ぶ」

  • 子ども教育コース
  • 保育・発達支援コース(2018年度より「保育・幼児教育コース」に改称)

取得可能な学位:学士(教育学)

現場体験で裏づけされた“生きた知識"を身につける「学びの森プラン」

各務原市や保育所・幼稚園・小学校との協働や連携などで、現場での実践力を備えた教師・保育者を養成する「学びの森プラン」。
1年次からはじまる現場体験や実習、ボランティア事業への参加といった活動は、現場理解を促し、的確な状況判断や問題解決能力を育みます。

4年間を通じて教育・保育・福祉の現場での経験を積む機会を豊富を用意

教員は日頃から学生と身近に関わりサポート。キャンパス所在地の各務原市との連携で、近隣の教育・保育実習先を多数用意。実習地が近いため、教職員のリアルタイムなフォローが受けられます。また市が行う小学生対象の学習支援「寺子屋事業」や地域の「子育て支援」へもボランティアで参加。恵まれた実践環境を提供します。

コースの特色

子ども教育コース

教職に関するノウハウを決め細やかに伝授
教職センターによるサポート体制

教師として必要な実践的な指導力を育成し、教員採用試験を受験する人たちを支援するための「教職センター」。
特に試験本番前の最後の詰めを本学教員が合格に向けて密にサポートする「センター教師塾」は本学独自の取り組み。教師を目指す学生の頼もしい味方です。

子ども教育コース

一人ひとりの幼児教育観・保育観・福祉観の確立を目指します
社会福祉士資格取得にも挑戦!

子どもの権利を守るために、保育・福祉現場の諸課題を理解し、問題解決に必要な知識や資源を活用。
適切な解決策に基づいて行動に移すことができる人材を養成します。

取得資格
  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
    (取得希望者が対象)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
    (他学部履修により取得可能)
  • コーディネーショントレーニング指導者
取得資格
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉士受験資格
    (資格取得希望者のみ)
  • コーディネーショントレーニング指導者

2014年以前の入学生はこちら

ページの先頭へ戻る