ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

この2年、新型コロナウイルス感染症のためことごとく行事がなくなりました。本学の子ども家庭支援センター(ラ・ルーラ)も例外ではありませんでしたが、今年2年ぶりにミニ夏祭りを開催することができました。
教育学部 子ども教育学科 幼稚園教諭・保育士コースからは、地域子育て支援実習を履修している学生がボランティアとして9名参加しました。当日は感染対策のため、予約制をとり1時間ずつの参加に協力してもらいました。
パネルシアターやころころボーリング、ヨーヨー風船釣り、また製作コーナーとしてくるくるプロペラやクリームソーダづくりを親子で楽しんでもらいました。

この祭りのために、実際に保育経験のあるラ・ルーラの先生方からアドバイスをいただき、学生が企画、準備し、当日を迎えました。将来、保育者になろうとしている学生にとっては、就職後地域に拓かれた行事を企画・運営するときの良い学びになりました。

ラ・ルーラ夏祭り 感染対策もバッチリ。今回は予約制・人数制限を設けて行いました。

「さかながはねて」の手遊びをもとにパネルシアターを作成。なかなかの熱演でした。

ころころボーリング 倒れるとみんなで拍手! お土産に手作りのアンパンマンの登場人物がもらえます。

クリームソーダの中身はどれにする? みんな中に入れるものを迷いながら真剣に選んでいました。

おいしそうなクリームソーダのできあがり。どの親子さんもおもいいれのあるクリームソーダができました。

くるくるプロペラ、うまく飛ぶかなあ? 飛ばすまではワクワク・ドキドキ。お父さんも夢中になって作っていました。

関連情報

【卒業生の活躍】第32回岐阜県理学療法学会で奨励賞を受賞

【卒業生の活躍】第32回岐阜県理学療法学会で奨励賞を受賞

中部手話スピーチコンテスト30周年記念講演会を開催します

中部手話スピーチコンテスト30周年記念講演会を開催します

第10回看護リハビリテーション学部公開講座を開催します(2022年10月15日 たのしみん祭と合同開催)

第10回看護リハビリテーション学部公開講座を開催します(2022年10月15日 たのしみん祭と合同開催)