めぐみの農業協同組合×理学療法学科 高齢者の体力向上プログラム共同研究事業|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

めぐみの農業協同組合×理学療法学科 高齢者の体力向上プログラム共同研究事業

中部学院大学・同短期大学部は、めぐみの農業協同組合(JAめぐみの)と包括的な連携協定を2015年1月に締結しました。2018年からは、高齢者福祉事業の一環として高齢者の健康づくりを支援する連携活動「高齢者の体力向上プログラム共同研究事業」を行っており、JAめぐみのデイサービス利用者様の健康増進に寄与しています。

中部学院大学看護リハビリテーション学部理学療法学科の「基礎演習」は、「企画力」と「実行力」を付けることを目的としています。西嶋ゼミ、三川ゼミ、菅沼ゼミの授業では、先輩たちが開発した「あしゆび体操タオル」での計測結果をまとめ、「体操の手引き」を作成しました。また、新しいトレーニング法として「あしゆび圧迫体操」の開発に取り組みました。

1月10日(月)、西嶋・三川・菅沼ゼミ生23名は、JAめぐみのデイサービスセンターあんしんみたけの利用者様を対象に体操指導を行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、学生はリモートで参加しました。

学生がリモートで運動指導を行っている様子。現地では、教職員とデイサービスセンターのスタッフが利用者様の安全を確保しました。

関連情報

7月23日(土)に第21回ぎふLD・ADHD等学習会を開催します

7月23日(土)に第21回ぎふLD・ADHD等学習会を開催します

国際ソロプチミスト関様より助成金を受領しました

国際ソロプチミスト関様より助成金を受領しました

看護学科2年生が『高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン』の救護ボランティアに参加しました!

看護学科2年生が『高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン』の救護ボランティアに参加しました!