スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科

コース紹介

スポーツ健康コース

子どもからお年寄りまで、それぞれの年代や需要に応じて、適切なスポーツ・健康の指導ができる人材を目指します。

スポーツ健康コース

将来の進路

  • 中学校・高等学校教諭(保健体育)
  • 公務員(警察・消防を含む)
  • 運動指導者(健康増進施設)
  • 地域スポーツクラブ職員(NPOを含む)
  • フィットネスインストラクター
  • スポーツ専門職(トレーニング科学センター、地域体育協会など)

主な開講科目

  • スポーツ医学
  • スポーツ生理学
  • スポーツ心理学Ⅰ・Ⅱ ほか

ページの先頭へ

障がい者スポーツコース

障がいの種類や程度に応じ、スポーツの特性を生かした健康・運動の指導ができる人材を目指します。

スポーツ健康コース

将来の進路

  • 福祉施設
  • 障がい者を受け入れている企業
  • スポーツクラブ
  • 障がい者スポーツセンター
  • 公務員
  • 中学校・高等学校教員(保健体育)
  • 特別支援学校教員

主な開講科目

  • 障がい者レクリエーション論
  • 障がい者スポーツ論Ⅰ~Ⅲ
  • 障がい者スポーツ実技 ほか

ページの先頭へ

スポーツ経営コース

スポーツ産業における企画・経営能力のある人材、総合型地域スポーツクラブの設立、運営を担う人材を目指します。

スポーツ健康コース

将来の進路

  • スポーツ用品メーカー
  • サービス産業
  • マスメディア
  • 公務員(警察・消防を含む)
  • 総合型スポーツクラブ
  • スポーツ活動が盛んな企業

主な開講科目

  • スポーツマネジメント
  • スポーツクラブ経営論
  • スポーツ施設論 ほか

ページの先頭へ

ページの先頭へ戻る