教育学部

米国テキサスの文化について教えてもらいました(幼児と表現)

2020.12.11

Leaned about Texas Culture from an American Guest Teacher

幼児と表現の講義では、12月18日・25日・1月8日に、日本で暮らしている外国にルーツがある生徒とZoomで交流する予定です。そこでは、大学生は「やさしいにほんご」を使って、外国にルーツのある生徒から音楽や文化について教えてもらいます。
その準備として、12月11日の講義では、米国在住のエリザベス先生(ベス先生)とZoomで交流を行いました。その内容は、来週からの交流のシミュレーションを兼ねて、テキサスのわらべうた«Itsy Bitsy Spider»や文化について、日本語で教えてもらうことでした。学生は、慣れない日本語で発表してくださっているベス先生が不安にならないように、オーバーに頷いたり、笑顔を意識したりすることに挑戦しました。
活動の最後に、ベス先生は、日本で「外国人」として生活していた時の気持ちについて教えてくれました。日本語で話しかけられている内容は理解できても、うまく返事ができず、フラストレーションを感じて、自分が"ダメな人"になったような気がしていたそうです。
学生の皆さんには、今回の経験とこれから始まる交流活動を通して、日本に住んでいる外国にルーツがある方の気持ちに寄り添うことができる保育者になってほしいです。

【やさしい にほんご】
12/18、12/25、1/8日、中部学院大学(ちゅうぶがくいんだいがく)の大学生(だいがくせい)は、日本語(にほんご)を勉強(べんきょう)している子(こ)どもたちから、いろんな国(くに)や地域(ちいき)の文化(ぶんか)について教(おし)えてもらいます。
その練習(れんしゅう)をするために、12/11の授業(じゅぎょう)では、大学生(だいがくせい)が、アメリカのテキサスに住んでいたベス(Ms. Elizabeth, H.)先生(せんせい)とZoomをしました。ベス先生(せんせい)は、«Itsy Bitsy Spider»という子(こ)どもの歌(うた)と、テキサスの文化(ぶんか)について、日本語(にほんご)で教(おし)えてくれました。大学生(だいがくせい)は、「やさしいにほんご」で質問(しつもん)しました。それから、大学生(だいがくせい)は、ベス先生(せんせい)が、安心(あんしん)して発表(はっぴょう)できるように、笑顔(えがお)でお話(はなし)を聞(き)きました。
さいごに、ベス先生(せんせい)は、大学生(だいがくせい)に、次(つぎ)の話(はなし)をしました。ベス先生(せんせい)は、日本(にほん)で住(す)んでいたことがあります。ベス先生(せんせい)は、日本人(にほんじん)の話(はなし)を聞(き)くのは、よくわかりました。でも、日本語(にほんご)で話(はな)したり、返事(へんじ)をしたりするのが難(むずか)しかったです。だから、ベス先生(せんせい)は、日本(にほん)にいた時(とき)、自分(じぶん)にたくさんがっかりしました。
大学生(だいがくせい)には、そんな人(ひと)の気持ち(きもち)がわかるような、やさしい幼稚園(ようちえん)や保育所(ほいくじょ)の先生(せんせい)になってほしいです。

ベス先生
まず、ベス先生の好きなものについて話してもらいました。ベス先生がお住まいのシアトルは木曜日の夜だったので、外は真っ暗でした。それを見て、学生もびっくりしていました。

「あっち向いてホイ」の音階
Zoomで「あっち向いてホイ」ゲームを練習しました。何気なく遊んでいるわらべうたですが、よく聴いてみると2つの音の高さで構成されていることがわかります。

ルール説明にチャレンジする学生の様子
ルール説明にチャレンジ。難しかったようですが、わかりやすい言葉選びと、適切なスピード話し方で手順を説明できました。そのおかげで、ベス先生は「パーフェクトにわかった」そうで、とても褒めておられました。

あっち向いてほいゲームの様子
実際に日本語生徒役と大学生役に分かれて、あっち向いてほいゲームをやってみました。Zoomだと、動作が終わってもしばらくキープしておくことが、うまくいくコツのようです。笑顔でできていて、とてもよかったです。

歌の歌詞
曲を聴いて、歌い方を短いフレーズに切って、先生がまず歌い、次に生徒が歌うコール&レスポンスという方法で覚えました。歌詞の意味も確認しました。
単語が繋がるところが難しかったと思いますが、皆さん短時間でよく歌えていました。

テキサスのわらべ歌を覚える学生たちの様子
日本のわらべ歌と同じように、この曲も地域で手遊びが違います。今回は、テキサスでの遊び方を教えてくれました。
先生のお手本を見ながら、みんなでやって見ました。みなさんすぐ覚えて一緒にできていて、さすがです。

Zoomでテキサスのわらべ歌に挑戦
Zoomだとタイムラグができるので、みんなで一緒にするのは難しかったかもしれませんが、自分のペースでできていました。

テキサスやその文化について
ベス先生の出身地、テキサスやその文化について教えてもらいました。テキサスは、とても広いですね!

テキサスについて
車社会であることや、日本とは違う気象現象、チーズたっぷりの食事、アメフトの人気の高さについてお話がありました。
学生から、アメフトの有名な選手について質問がありました。彼の質問の仕方も、聞きやすいスピードで大変上手でした。ベス先生はとても感心しておられました。

ベス先生と学生たちの様子
日本語を勉強中の方が日本語で話すことに挑戦している時、つい私たちはイライラしたり、話を遮ってしまったりすることがあります。しかし、今回学生の多くは、とても良い態度で関わることができていました。
ベス先生は、来週からの交流もきっとうまくいくと太鼓判を押してくれました。

ページの先頭へ戻る