教育学部

KIAフェスティバル ~世界とつながるパスポート~

2020.11.22

Multicultural Coexistence Project

2019年度より教育学部の新井ゼミ(専門演習I)では、各務原国際協会(以下 KIA: Kakamigahara International Association)と共に、「多文化共生」の学びを深めています。
今回の報告は、11月22日 に開催された「KIAフェスティバル」の様子です。

当日は、各務原国際協会事務局によるコロナ感染予防対策が確実に行われ、のべ約350名の市民の方が参加する大きなイベントとなりました。
この「KIAフェスティバル」の素晴らしいところは、地域の外国籍の方が自らの文化を発信したり、地域の日本人と交流したりする場の確保という意味合いだけでなく、協働することによってお互いの距離を縮め、理解し合い、共に地域でより良く生きることを目指している点にあります。中部学院大学の学生たちも、このフェスティバルの企画段階から当日の運営を通じて、KIAフェスティバルのテーマを肌で実感することができたと思います。そのような貴重な機会を与えてくださった各務原国際協会、そして、地域の外国籍の皆様に大変感謝しています。
以下の写真は当日のフェスティバルの様子です。

KIAフェスティバルのポスター
KIA(Kakamigahara International Association)フェスティバルのポスター
学生が作成しました!!

学生が作成したパスポート
このパスポートも学生が作成しました!!
このパスポートをもって様々な国のブースを周りました。

クリスマス・ツリー
クリスマス・ツリーには、様々な国の言葉がオーナメントとして飾られていました。

クリスマスツリーを飾る学生
ゼミの学生も準備に参加しています。

KIAフェスティバルの様子1

KIAフェスティバルの様子2

KIAフェスティバルの様子3

KIAフェスティバルの様子4

KIAフェスティバルの様子5

KIAフェスティバルの様子6

KIAフェスティバルの様子7

KIAフェスティバルの様子8

KIAフェスティバルの様子9

KIAフェスティバルの様子10

KIAフェスティバルの様子11

KIAフェスティバルの様子12

KIAフェスティバルの様子13

KIAフェスティバルの様子14

ブラジルの伝統的な踊りカポエイラ
ブラジルの伝統的な踊り「カポエイラ」

ピニャータを割る参加者
ピニャータの中には何が入っているかな?

ページの先頭へ戻る