教育学部

教育学部 第2回FD教育懇談会を開催しました

2020.09.17

Faculty Development Seminar in September
Seeking for the New Online Teaching Method

教育学部では、9月17日(木)に、2020年度教育学部第2回FD教育懇談会を開催しました。6月10日(水)の第1回FD教育懇談会に引き続き、FD研修会と教育懇談会を合わせた形で行いました。
今回は「特別授業に関わる実践発表とこれからの授業方法」をテーマとし、教育学部学生対象の特別授業に関するアンケート調査報告、Zoomによる特別授業の実践発表、後期の授業を見据えた情報交流、さらに、これからの授業方法に関する提案がなされました。
非常勤の先生方、他学部の先生方、学部の教員、会場とZoomをあわせて40名のご参加をいただきました。
前期の成果をふまえ、後期授業を間近に控えた時期に、これからの授業方法に関する実践的な研修を実施することができました。

開会の挨拶をする江馬副学長
開会にあたり、江馬副学長よりご挨拶をいただきました。前期授業の総括と後期授業の方向性についてもお話しいただきました。

アンケート結果の報告
前期の特別授業に関する教育学部教員対象アンケート結果を報告しました。特別授業ではICTを活用した新たな取り組みがありました。

後期授業日程や後期の実習についての説明
後期授業日程や後期の実習について説明しました。コロナ禍で、前期実習が後期に延期となるなどの影響がありました。

学生対象アンケート結果を報告する水野准教授
水野准教授より、教育学部の学生対象のアンケート結果が報告されました。特別授業に対する学生の反応が見えてきました。

会場の先生方
会場の先生方は、非常に熱心に研修に参加していただきました。後期授業への緊張感も伝わってきました。

Zoomで参加する先生方
Zoomでも多くの先生方が参加してくださっていました。これまでにない新たな研修会のあり方です。

Zoomを使った双方向の授業実践例を説明する新井准教授
新井准教授より、前期の特別授業の成果として、Zoomを使った双方向の授業実践例が示されました。参加者も学生役を体験しました。

Zoomのブレークアウトルーム利用の様子
Zoomのブレークアウトルームの利用について、実際の授業展開の中で紹介されました。「こんなことができるんだ!」との声が多く聞かれました。

ページの先頭へ戻る