教育学部

各務原国際協会(KIA)とのコラボ 進行状況報告

2020.08.17

2020 The Collaboration with KIA!!

2019年度より教育学部の新井ゼミ(専門演習I)では、各務原国際協会(以下 KIA: Kakamigahara International Association)と共に、「多文化共生」の学びを深めています。

今回の報告は2つです。
① 7月2日(木)  外部講師(2名)の方との意見交流会の実施について
② 8月17日(月) KIAフェスティバル実行委員会 第1回ワークショップに参加して

① 2020年7月2日

2名の講師の方をKIAより紹介していただき、新井ゼミ4年生と3年生の合同で、Zoomミーティングを行いました。一人目の講師の先生は、各務原在住の永井さん。長く各務原市在住の外国の子どもたちを支援するFuturo教室のよみきかせボランティアとして子どもたちと関わっておられます。外国の子どもたちには、日本の生活に慣れるようにと、いつも優しい日本語で話しかけたり、絵本を読んだりしているそうです。
二人目の講師の先生は、神奈川県で、日本人と外国人の子どもが共存する保育環境の取り組みを進めている小林さん。自分のやりたいことは何か、自分の特徴は何かと考え、将来のために今できることを考えて「行動に移す」ことの大切さを教えてくださいました。

② 2020年8月17日

第1回目のKIAフェスティバル実行委員会 第1回ワークショップに新井ゼミ(3年生)から2名が参加しました。今年度のKIAフェスティバルは、11月22日に開催予定。地域在住の外国人と日本人が企画段階から協働し、一緒に1つのことを成し遂げることを通じて「多文化共生」の精神を理解し合うことがねらいです。楽しい企画案がたくさん出てきました。楽しい時間になること間違いなしです。ぜひお近くの方は11月22日のKIAフェスティバルに参加してみてください。

中部学院大学新井ゼミ&各務原国際協会

参加者がうつるZoom画面
みんなで ハイチーズ!!

KIAフェスティバル実行委員会 第1回ワークショップの様子1
KIAフェスティバル実行委員会
第1回ワークショップの様子1

KIAフェスティバル実行委員会 第1回ワークショップの様子2
KIAフェスティバル実行委員会
第1回ワークショップの様子2

ページの先頭へ戻る