教育学部

児童文化財で自己表現力を磨く!

2018.06.25

Brushing Up the Skills of Self-Expression

5月から6月にかけ、学生自作のパネルシアターやペープサート、指人形などを学内にある子ども家庭支援センター(ラ・ルーラ)や近隣の保育所に持参し、実際に子どもの前で演じさせてもらう機会をもちました。

子どもの前で表現する力は保育者になる上で大切な力の一つです。
表現の質を高めることによって子どもとの関係はより豊かになっていきます。

実際に子どもの前で演じると、予想していた反応の違いから戸惑うこともあります。
だからこそ、子どもの前で実際に演じる場数を踏むことが、自己表現力を高める近道なのです。

ふんわりふわふわ風船がとんでったよ!
ふんわりふわふわ風船がとんでったよ!

どのブタさんのお家が一番丈夫かな?
どのブタさんのお家が一番丈夫かな?

大きなかぶを表現する子ども達
子ども達が力を合わせて大きなかぶを一緒に引っ張ってくれました

エプロンシアターの様子
エプロンシアター大きなかぶを熱演

ページの先頭へ戻る