教育学部

教育学部1期生 卒業研究がスタートしました

2017.09.29

教育学部では、教育・保育の学びの中に、福祉を深める教育内容や資格取得も行っています。
子ども教育学専門演習Ⅰの別府ゼミでは、多くのゼミ生がこの秋に社会福祉士の4週間の実習を終え、卒業研究をスタートさせました。

この日は図書館司書の指導のもと、論文検索の仕方や文献の引用の作法などを学びました。
別府ゼミは短期大学部幼児教育学科、人間福祉学部保育士コース、子ども学部を経過し、200名を超える卒業生がいますが、岐阜県や愛知県の施設・保育園・行政等で活躍している人も多くいます。その卒業生たちが、「卒論はきつかったけど、今に役に立っている」「卒論を仲間と取り組んで学生時代のいい思い出になった」と同窓会で語ってくれています。

今多様な子どもたちやさまざまな深刻な課題を抱える利用者も現場で増えており、それだけに専門職は深い洞察力や分析力が求められます。
卒業研究を通し、最新の研究知見や研究手法に触れ、自分を振り返るとともに、チームで取り組む経験を大事にしていき、地域や現場に役に立つ専門職を送り出したいと願っています。

指導を受ける様子
図書館司書の指導のもと、論文検索の仕方や文献の引用の作法などを学ぶ様子

岐阜県教育委員会長期研修生の久保教諭と一緒に
岐阜県教育委員会長期研修生 久保教諭と一緒に

ページの先頭へ戻る