L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画 学びの地:岐阜を知ろう!! |中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画 学びの地:岐阜を知ろう!!

パワーポイントを使用して説明する今井先生 パワーポイントを使用して説明する今井先生

2022年6月1日(水)の昼休み、関キャンパスL.E.A.PPlazaにて、今井春昭先生の「学びの地:岐阜を知ろう!」を開催しました。交流会には学生18名と教職員9名が参加しました。
今回は岐阜について詳しく知りたい留学生の参加者が多いことから「ふるさと・ぎふの文化」をテーマに、岐阜県の観光地、食事、人口中心地についてのお話がありました。岐阜県の観光としては、郡上おどりや長良川鵜飼の魅力についての紹介があり、コロナ禍で多くのイベントが中止になる中、今夏は規模を縮小して開催するとの発表があったので、是非参加をしてほしいとのことでした。また、鵜匠代表が今井先生の教え子であることを知り、学生たちが驚く表情も見られました。食事についての捉え方は様々ですが、鰻や鶏ちゃんが有名で、関市内の鰻店は26店舗あり、1店当たりの人口は約3,333人の計算になると説明がありました。人口重心という観点から岐阜県を考えると、5年ごとに行われる国勢調査の結果から、現在は関市中之保にあるという結果が出ています。これまでの経過から、数年後には加茂郡に移動すると予想されています。関市は人口重心地に旗を立てているだけなので、人口中心地にちなんだ鰻のメニューや記念館を作り、全国に関市を知ってもらうチャンスを逃さないでほしいと語られました。最後には参加学生がクジ引きに参加し、金賞:鶏ちゃん 銀賞:カップラーメン 銅賞:鮎菓子を獲得し、とても楽しいイベントになりました。
次回は、6月8日(水)12:30~13:10同窓会室(場合によってはグレースホール)にてジョーダン先生の「英語を使って留学生と日本人学生の交流」を開催します。多くの学生の参加をお待ちしております。
お問い合わせは6号館1階 国際交流・留学生支援課まで。

 

岐阜県の魅力について語る今井先生(右)と参加学生 岐阜県の魅力について語る今井先生(右)と参加学生
岐阜県の魅力についてメモと取りながら説明を聞く留学生 岐阜県の魅力についてメモと取りながら説明を聞く留学生

関連情報

8.28 オープンキャンパスを開催します

8.28 オープンキャンパスを開催します

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します