L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画「ハロウィンの歴史を知ろう!」|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画「ハロウィンの歴史を知ろう!」

2021年10月13日(水)の昼休み、関キャンパスL.E.A.PPlazaにて、メルトン先生の「ハロウィンの歴史を知ろう!」を開催しました。交流会には学生17名、教職員6名が参加しました。
アメリカでは10月31日がハロウィンですが、クリスマスイヴと同じように、10月1日がハロウィンの始まりだそうです。1年の始まりが11月1日で、終わりが10月31日という文化からなっており、元々は子どもたちが怖い仮装をして悪を追い払うという日本で例えると豆まきのような行事です。現在は家族全員で集まり、できるだけ大きなカボチャを準備してパンプキンパイを作ったり、上部を切り取って中身を取り出したカボチャに怖い顔を書いてろうそくを入れて玄関に飾るといった習慣になっているそうです。
また、子どもたちがバケツを持って多くの家を回るTrick or treat.「お菓子をくれないと悪戯するよ」は、以前は不在の家や居留守をする家に対して悪戯をすることもありましたが、現在は単にお菓子を貰って楽しむようになっています。
一方で教会では悪魔のお祭りを守ってはいけないという考えでハロウィン反対という人がいますが、ハロウィンの歴史を調べればそのような考えは間違っていると言えるでしょう。ハロウィンには暗い歴史もありましたが、現在は怖い雰囲気を利用してホラー映画を一番よく観る習慣にもなっているそうです。
ちなみに日本でハロウィンが習慣となったのは約10年前で、英語教室の行事が多くの人に知れわたり、現在では日本の文化のひとつになりつつあります。みなさんもハロウィンの歴史を調べて、楽しいハロウィンを過ごしましょう。

次回は、10月27日(水)12:30~13:30 グレースホールにてHappy Halloween!を開催します。
お問い合わせは6号館1階 国際交流・留学生支援課まで。

 

仮装用の帽子を被って参加する学生の姿も。 仮装用の帽子を被って参加する学生の姿も。
多くの学生や教職員がハロウィンの歴史を学びました。 多くの学生や教職員がハロウィンの歴史を学びました。

関連情報

8.28 オープンキャンパスを開催します

8.28 オープンキャンパスを開催します

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します