理学療法学科のオープンキャンパス (8/28) の様子をご紹介します

理学療法学科のオープンキャンパス (8/28) 開催

8月28日(日)にオープンキャンパスが開催されました。
理学療法学科では、100名の高校生と保護者のみなさんにご参加いただき、教職員や学生スタッフとコミュニケーションを取りながら、本学科の魅力にふれていただきました。

・模擬授業では、笠野准教授が「歩行分析」についての授業をしました。

・体験では、①車椅子の体験、②バランスの計測、を行いました。

・学内ツアーも実施し、充実した内容のオープンキャンパスとなりました。

是非とも魅力あふれる「中部学院大学理学療法学科」をよろしくお願いいたします!

次回のオープンキャンパスは2023年3月26日(日)に開催します。是非、お越しください!

大嶽学科長の学科説明

学科説明では、大嶽学科長が理学療法士とは何か、中部学院大学での学生生活の魅力、国家試験までの道のりについて説明しました。

100名の高校生と保護者が参加

学科説明では、多くの高校生と保護者のみなさんが熱心にお話を聞いておられました。

笠野准教授の模擬講義

歩行動作から何が分かるか?~理学療法士に必要な動作観察を知る~

模擬授業では、本学科の笠野准教授が「歩行動作から何が分かるか?~理学療法士に必要な動作観察を知る~」についての授業をしました。 高校生は、理学療法士にとって最も重要な要素である「歩行観察」について熱心に聞いていました。

学内ツアーの様子

理学療法学科の専用棟のツアー (5号館の1階から4階の講義室を案内しました)

学内ツアーでは、小グループとなり理学療法学科の専用棟の説明を行いました。 高校生は、1階から4階までの各部屋の様子を見ることで、入学してからの学生生活をイメージしやすくなっているようでした。

井村教授による学科企画➀

福祉用具・車いすを活用して活動性を高めよう!

学科企画➀では、井村教授と学生が高校生と一緒に車椅子体験をしました。 高校生にとっては、初めての車椅子の操作に戸惑う場面もありましたが、慣れてくるとスムーズに操作できるようになっていました。 車椅子に乗ることで、病気や怪我をした方の体験ができました。

千鳥教授による学科企画➁

あなたのバランス能力を測ってみよう!

学科企画②では、千鳥教授と千鳥ゼミの3年生が高校生のバランス能力を計測しました。 高校生は重心動揺計で計測した結果をもとに、自分のバランス能力についての説明を聞いていました。

関連情報

リハビリテーション棟5号館が生まれ変わりました!

リハビリテーション棟5号館が生まれ変わりました!

【在学生の様子】12/3(土) 3年生対象のOSCE実技試験に卒業生6名が協力

【在学生の様子】12/3(土) 3年生対象のOSCE実技試験に卒業生6名が協力

JA めぐみのとの連携協定に基づく共同研究事業を実施 (理学療法学科 西嶋・菅沼ゼミ)

JA めぐみのとの連携協定に基づく共同研究事業を実施
(理学療法学科 西嶋・菅沼ゼミ)