スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科

先生の声

真摯にスポーツに向き合う姿勢を育んでいきたい。
スポーツを愛する人を正しく導き、サポートする。
それがスポーツ健康科学部です。

スポーツ健康科学部は本学が今まで培った研究成果に基づいて、スポーツを生活の中に活かしていこうという考えから設けられました。

誰もが運動で健やかな人生を歩めるよう、自分たちが学んだことを活かしてサポートできる人材を作りたい――
この学部にはそういった願いがあります。

また「障がい者スポーツコース」があるのもこの学部の特徴です。本学が専門の指導者を増やすことで多くの障がい者の方がスポーツを楽しめるような環境づくりの一助となる事を望んでいます。

松岡敏男
松岡 敏男(教授)

水野 かがみ(教授)

メッセージ

今までのスポーツ活動の延長ではなく、指導者の視点で常に安全確保に努めながら、様々な対象者や目的に応じた指導法を工夫できる力をつけていきます。
普段の生活においても幅広い年代の方に関わりをもち、自身のコミュニケーション力を高めていきましょう。

水野かがみ

有川 一(准教授)

メッセージ

私たちが将来高齢者となってスポーツを行う際に困難だと感じるポイントは、障がい者の方たちとほぼ同じです。
障がい者スポーツに関わる中でこのポイントをいち早く理解し改善を加えていくことで、誰もが楽しめる新しいスポーツのあり方が見えてくるでしょう。

有川一

柿島 新太郎(講師)

メッセージ

スポーツビジネスの世界は一般的なビジネスと違い、求められているものは複雑で、トレーニングのようにすべてにあてはまることが少ないのです。
そのためスポーツ産業の特性を理解した上で何が求められているか、商品価値にするか、を考えるという訓練はあらゆる業種に通用しますから、将来的にも役立ちますよ。

柿島新太郎

ページの先頭へ戻る