理学療法学科

理学療法学科の学び

幅広い理学療法の分野に対応 各領域のすべてを学べる環境を用意

医師の指示のもと患者さんに対して様々な検査を実施、その結果をもとに他の医療スタッフと協議しながら治療計画を立て、理学療法を行うのが理学療法士です。
その対象は子どもから高齢者、治療の範囲も脳血管障害から骨折・関節障害、スポーツ障害と幅広く、それぞれの分野で専門性の高い理学療法の知識や技術が求められます。

本学科ではそのような理学療法の特性に対応し、各領域すべてを学びます。
そして卒業時には自分に合った専門分野が選べるようにカリキュラムを組んでいます。
少人数グループの担任制で市民講座などの課外活動にも積極的に参加するなど、教員も含め学科全体で友好を深めつつ学べるのも本学科の特徴です。

POINT 理学療法のすべての分野に対応する教授陣が集結

分野

トップアスリートの完全復帰サポート、転倒した高齢者の機能回復、運動部の高校生のケアなど、理学療法はとても幅が広く、障害のある部位や症状、対象者の年齢によって治療法も様々。将来、理学療法士として目指す方向性も様々です。

現在、国による地域包括ケアシステムが進められており、医師や看護師、そして介護福祉士等と連携しての仕事も期待されています。

POINT しっかりと身につく積み上げ式のカリキュラム

積み上げ式のカリキュラム

学ぶことの多い医療の分野。本学科は専任の教員が基礎教科から実習まで順序立ててわかりやすくしっかりと教える積み上げ式。

1年次の基礎科目、2年次の評価学とより段階的に学びのステップアップを行っています。積み上げ式準備段階としての基礎をしっかり教えているため、3年で学ぶ理学療法士としての主要な治療科目学科へもスムーズに入ることができます。

POINT 豊かな人間性や高い倫理観など 医療人としての「心育て」も重視

理学療法士として働く上で大切な、幅広い教養や豊かな人間性、高い倫理観、情報収集や情報活用の能力を高めて解決能力を養う一般教養もしっかり学べます。また本学はキリスト教の教えを根底においており、キリスト教概論や生命倫理科目での「心育て」も重要視しています。

基盤を福祉に置く大学にできた理学療法学科として、弱者を思う気持ち、キリスト教の教えに基づく人の“いたみ”がわかる学生に育てたい、という思いがあります。

ページの先頭へ戻る