大学教員 菅沼惇一さん|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ
大学教員
大学教員

大学教員

菅沼 惇一 SUGANUMA Junichi

看護リハビリテーション学部 理学療法学科卒業

就職先:中部学院大学

魅力的な教育者になりたい
仲間との出会いに感謝

現在、私は母校である中部学院大学で教員をしています。学生の頃、「いつか母校で教員として後進を育てたい」と考えていたので、私の夢のひとつが叶いました。

高校時代 STORY_01

大学入学前に考えていたことは

高校生の頃の夢は、漠然と「人の役に立つことがしたい」といったことしか考えていませんでした。自分の目標が明確にできず、高校時代は勉強に身が入らず悩んでいました。

大学時代 STORY_02

いまの仕事を目指そうと思ったきっかけは

私の母が助産師をしていて、小さい頃から病院について行っていましたこともあり、「病院で働く人たちがかっこいいな」と漠然と思っていました。また、小学校から高校生までバスケットボールをしていたので、けがをした人たちをサポートする「理学療法士」という職業に魅力を感じて、進路を選びました。

大学時代 STORY_03

大学時代に力を入れてきたことは

私が一番力を入れてきたのは「勉強」です。これは自信を持って言えます。それまでの人生の中で一番勉強したと思います。「理学療法士になりたい」という明確な目標を持つことができたので、楽しく勉強することができました。また、教員の先生全員がとても魅力的で熱心に指導してくださり、明確な目標に向かって取り組めました。そういった出会いができた中部学院大学に本当に感謝しています。

大学在学中に好きだった/思い出のスポット

CHECK!

体育館

体育館

私の在学中に好きだったスポットは「体育館」です。理学療法学科では実習や国家試験合格のために毎日勉強していたので、休憩時間に学科の友人たちとバスケットボールをよくしていました。運動することでリフレッシュになって、とても良かったです。

現在 STORY_04

これからの夢

学生時代に憧れていた先生方のように魅力的な教育ができる教育者になりたいと思っています。そのために、大学院博士課程に進学し、理学療法の研究分野で活躍できる人になりたいと思っています。自己研鑽していくことがいつか母校への恩返しになると信じています。

MESSAGE

 私は中部学院大学で素晴らしい出会いがたくさんありました。
全国各地から夢を持った仲間たちと出会えたこと、
そして夢を大きく成長させてくださった理学療法学科の先生方に心から感謝しています。
ぜひ、素晴らしい出会いのある中部学院大学に来てください。

受験生に一言

受験生に一言

未来のわたしが、ここにいる。

オープンキャンパス・個別相談会

オープンャンパス情報はこちらへ。予約制のオンライン個別相談会ではZoom(ズーム)を使って気軽にご相談できます。学科、入試、進路、学費・奨学金などについて1対1でゆっくりお話できます。

同じ業界で活躍する人を見る