看護リハビリテーション学部 理学療法学科

学びのフロー

本学ならではの他校にはない専門性 じっくり4年間で積み上げていく学び

1年次、2年次は教養科目、基礎医学、臨床医学を中心に。
2年次後半からは理学療法学の各論を学び、4年次には病院等での臨床実習を行います。
少人数のクラス担任制でていねいな指導、充実したカリキュラム体制で医療、スポーツ、地域リハビリテーションに精通した理学療法士を育てます。
普段から学生の気持ちに寄り添ってくれる教員が個人面談も行いながら、学習面の悩みにもとことん付き合い導いてくれます。

  • 1年次 理学療法の基礎を学びながら、社会人として、チーム医療の一員として必要な
        人間性を養います
  • 2年次 医療の基礎を学び、人それぞれの暮らしを考える力を養います
  • 3年次 理学療法士として必要不可欠な知識と技術を身につけます
  • 4年次 学んだ学問を患者さんの状態に合わせ治療に活かしていく過程を学びます

理学療法学科カリキュラム【専門科目】

理学療法士に不可欠な5つの治科目を 【 講義 → 評価 → 実習 】 で自分のものにします。
理学療法を代表する骨・関節障害系、神経障害系、内部障害系、スポーツ障害系、小児発達系、この5つの治療分野で、講義・評価・実習とじっくり学ぶカリキュラムを用意しています。
社会のニーズに即した様々な現場で活躍できる理学療法士を育成していきます。

理学療法学科カリキュラム(専門科目)表
クリックで拡大表示

臨床実習の充実が将来の道へとつながります

今後の分野選択にとても重要な実習は2年次の臨床体験見学実習に始まり、3年次には臨床評価実習、そして4年次の総合臨床実習へと続きます。
臨床家でもある教員たちのネットワークで幅広い分野の実習先を確保。各種の疾患を学べ、その経験が大きな自信につながる大学病院や総合病院への実習が多いのもポイントです。

実習のステップ 理学療法士資格取得のための実習

2年次 3年次 4年次
2月/臨床体験見学自習
(1週間)
2~3月/臨床評価実習
(3週間)
5~6月/総合臨床実習Ⅰ
(7週間)
7~9月/総合臨床実習Ⅱ
(7週間)

全員合格へ、仲間と教員とともに勝ちとる国家試験対策

国家試験対策は学内の教員が指導。時には面談も行いながら一人ひとりと蜜に向き合い、徹底サポートします。4年次9月より本格的な国家試験対策を開始。
グループ学習をメインにここ10年間の過去問題を主に解き、模擬テストや業者テストで実力を試す、の繰り返しで力を付けていきます。
模擬テストや業者模試で×と△マークを徹底的に勉強。できなかったところは皆で分担して調べて結果を持ち寄り説明し合います。

就職先は総合病院をはじめ老人福祉施設など多彩

本学科の卒業生は現場から高い評価を受け、内定者も続々、高い就職率を実現しています。
優秀な理学療法士と評価が高い卒業生たち。新採用は中部学院大学出身者から、と望む病院もあるほどです。就職先の中でも総合病院からのオファーが多いことが本学科の特徴。
求人エリアも東海地区だけではないので、Uターン就職を希望する学生にメリットがあります。

ページの先頭へ戻る