リハビリテーション棟5号館が生まれ変わりました!

リハビリテーション棟5号館リニューアル!

 2007年に建てられた5号館は、2022年で15年目を迎えました。当時、理学療法士養成校としては岐阜県内初の4年制大学であった本学は、この5号館から理学療法士教育をスタートしました。
 「リハビリテーション棟(通称:リハ棟)」として親しまれ、学生達の学びの場となり、1~12期生の卒業をともに見守ってきました。多くの卒業生にとって思い出深い5号館ですが、15年目を迎えた節目の年にリニューアル工事を実施し、きれいに生まれ変わりました!
 現在16期生まで在籍している理学療法学科ですが、2023年4月に17期生をお迎えします。中部学院大学理学療法学科の歴史はまだまだ始まったばかりです。

きれいになった5号館でともに学び、理学療法士を目指しましょう!

希望にあふれる新入生の入学を心待ちにしております!

2023年も中部学院大学理学療法学科をどうぞよろしくお願い致します。

15年目を迎えた5号館

工事前の5号館の様子

リニューアル工事スタート!

工事中の5号館の様子(2022.9)

工事終了!5号館リニューアル!

工事が終了し、きれいになった5号館の様子(2022.12)

関連情報

2024年能登半島地震における被災地支援チームの設置について

2024年能登半島地震における被災地支援チームの設置について

2023年度 卒業式のご案内

2023年度 卒業式のご案内

2023年度地域公開講座「リスキリングの現状とこれから」を開催します

2023年度地域公開講座「リスキリングの現状とこれから」を開催します