人間福祉学部7月オープンキャンパスレポート|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

人間福祉学部7月オープンキャンパスレポート

学科企画「SDGs だれ一人取り残さない世界」のために

2022年度3回目のオープンキャンパスを7月24日(日)に開催しました。
今回は在学生企画として大藪先生のキャリア形成論Ⅱの講義から「『SDGs だれ一人取り残さない世界』のために」の発表と参加者に向けたクイズを行いました。SDGsの考え方や大学での取組を学生がわかりやすくプレゼンテーションし、また短い時間ではありましたが本学が目指すSDGsの6つのゴールを紹介し、ゴールがプリントされた団扇を作りました。
模擬授業では水野友有准教授による「“しあわせ”を決めるのは誰だ?インクルーシブアートを通して考える」の講義が行われ、研究や事例、体験を紹介され、ことばによらないコミュニケーションやしあわせについてなどから人間福祉の学びに触れていただきました。
次回、8月7日のオープンキャンパスでは、「パラスポーツを体験しよう~ボッチャ~」を予定しております。パラリンピックの正式競技である「ボッチャ」を本学の学生が解説・実演をし、ボッチャの体験もできます。次回のオープンキャンパスもぜひお越しください!
 

フロア展示
櫻井さん、平澤さんの司会でオープンキャンパスはじまりました
水野先生の模擬授業「 “しあわせ”を決めるのは誰だ?インクルーシブアートを通して考える」
キャンパスツアー出発
ツアーポイント図書館を教員や学生が説明します
介護支援コース展示

関連情報

新型コロナウイルス感染症への対応について

新型コロナウイルス感染症への対応について

第10回看護リハビリテーション学部公開講座開催の御礼

第10回看護リハビリテーション学部公開講座開催の御礼

かかみがはらSDGsパートナー登録

かかみがはらSDGsパートナー登録