学生が衆議院選への投票を呼びかけました|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

学生が衆議院選への投票を呼びかけました

活動の様子 活動の様子
 各務原市では、若い世代の投票率を向上させるため、平成27年に「かかみがはら若者選挙サポーター『めぐる』」を発足しました。本学の学生が発足時から積極的に参加し、活動を行っています。
 10月31日(日)に投票日を迎える第49回衆議院議員総選挙への啓発活動として、10月28日(木)各務原市役所前で、投票を呼びかけました。 お揃いのジャンパーを着た学生たちは、各務原市の浅野健司市長と共に、道行く人に啓発グッズを手渡しながら、「投票をお願いします。」と呼びかけました。
 また、本学各務原キャンパスでは、学内放送にて学生たちへの啓発活動も行いました。 「めぐる」会長の高橋奈々さんは、「選挙は他人事ではない。この活動を通じて、若い人にも関心を持ってほしい。選挙啓発動画をアップしているのでたくさんの人に見てほしい」と語っていました。
 選挙啓発動画は以下URLでご覧いただけます。
https://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisei/senkyo/1008057/1012922.html
 2021年度本学からの「めぐる」参加メンバー:
高橋 奈々さん (スポーツ健康科学科3年)会長
仲村 真歩さん (スポーツ健康科学科3年)
小谷 宗司さん(子ども教育学科3年)
田尻 千夏さん (看護学科2年)
多和田 真楠華さん(看護学科2年)
日比野 真帆さん(中部学院大学経営学部卒業生)

啓発活動を行った左上から、浅野市長、仲村さん、日比野さん。左下から、田尻さん、多和田さん、高橋さん 啓発活動を行った左上から、浅野市長、仲村さん、日比野さん。左下から、田尻さん、多和田さん、高橋さん

関連情報

リノベーション古民家で授業(人間福祉学科:精神コース)

リノベーション古民家で授業(人間福祉学科:精神コース)

2021年度地域公開講座「発信力と対話力を強くする方法」を開催します

2021年度地域公開講座「発信力と対話力を強くする方法」を開催します

各務原市まちづくりミーティング~市長さんと意見交流をしました!~

各務原市まちづくりミーティング~市長さんと意見交流をしました!~