在宅看護の実習風景を紹介します。|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

在宅看護の実習風景を紹介します。

看護学科2年生82名が、胃ろう(PEG)からの経管栄養の注入をモデル人形で体験しました。栄養剤は、粘度があるためなかなかスムーズに注入できません。学生たちは、看護の対象者の様子を観察し、声掛けを行うなど実践を意識した演習を行うことができました。

教員より、注入の留意点の説明を受けている様子。このモデル人形は担当教員である藤川講師の手作りです。効果的な演習ができるように様々な工夫が凝らされています。

関連情報

8.28 オープンキャンパスを開催します

8.28 オープンキャンパスを開催します

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

ラ・ルーラ(子ども家庭支援センター)の夏祭りに地域子育て支援実習の学生がボランティア参加

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します

[商学科・経営情報学科・経営学科・経営学部]同窓会を開催します