在宅看護の実習風景を紹介します。

看護学科2年生82名が、胃ろう(PEG)からの経管栄養の注入をモデル人形で体験しました。栄養剤は、粘度があるためなかなかスムーズに注入できません。学生たちは、看護の対象者の様子を観察し、声掛けを行うなど実践を意識した演習を行うことができました。

教員より、注入の留意点の説明を受けている様子。このモデル人形は担当教員である藤川講師の手作りです。効果的な演習ができるように様々な工夫が凝らされています。

関連情報

【在学生の様子】デイキャンプを開催しました!

【在学生の様子】デイキャンプを開催しました!

看護学科では、4月19日(金)に1年生と4年生との交流会が行われました!

看護学科では、4月19日(金)に1年生と4年生との交流会が行われました!

人間福祉学部 市民公開授業「現代福祉マネジメント」講師とテーマが決定しました(聴講希望者募集)

人間福祉学部 市民公開授業「現代福祉マネジメント」講師とテーマが決定しました(聴講希望者募集)