理学療法学科のオープンキャンパス (8/7) の様子をご紹介します|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

理学療法学科のオープンキャンパス (8/7) の様子をご紹介します

8月7日(日)にオープンキャンパスが開催されました。理学療法学科では、多くの高校生と保護者のみなさんにご参加いただき、教職員や学生スタッフとコミュニケーションを取りながら、本学科の魅力にふれていただきました。模擬授業では「超音波画像診断装置(エコー)」を用いた解剖学についての知識と共に、その分野に関する楽しい体験ができました。体験では、➀自分の体の触診方法、②骨密度の計測、を行い充実した内容になりました。8月27日(日)にもオープンキャンパスがありますので、是非お気軽にご参加ください。

学科説明では、多くの高校生と保護者のみなさんにが熱心にお話を聞いておられました。

模擬授業では、本学科の西嶋教授が「超音波画像診断装置(エコー)を用いて肘の機能解剖」について解剖学の授業をしました。

学科企画➀では、浅野教授が「自分の体の筋肉の触り方」について話しました。浅野ゼミの3年生が中心となり、高校生に指導をしました。

学科企画②では、西中川講師が「骨粗鬆症」について話しました。西中川ゼミの3年生が中心となり、高校生に指導をしました。

関連情報

JA めぐみのとの連携協定に基づく共同研究事業を実施 (理学療法学科 西嶋・菅沼ゼミ)

JA めぐみのとの連携協定に基づく共同研究事業を実施
(理学療法学科 西嶋・菅沼ゼミ)

笠野ゼミが「産後女性の骨盤ゆがみ測定」を実施しました!

笠野ゼミが「産後女性の骨盤ゆがみ測定」を実施しました!

理学療法学科のオープンキャンパス (8/28) の様子をご紹介します

理学療法学科のオープンキャンパス (8/28) の様子をご紹介します