幼児教育学科

幼児教育学科1年生:あそびすと養成講座「木育」を行いました

2020.12.09

岐阜県は県面積の4分の3を山で覆われています。本学も自然豊かな丘に位置しています。その素晴らしい環境の中、岐阜木遊館の方をお招きし「木育」のワークショップを体験しました。学生たちはゼミごとに、学内の森を歩き、葉っぱや木などに触れ、「おままごと」や「森の美術館」など、思いきり想像力を掻き立てられながら、自然との共生やあそぶ楽しさを実感しました。将来保育士を目指す学生たちが、木育を通して、五感をはたらかせ、お互いの素敵な感性に気づくことの出来た有意義な時間となりました。

木育の概要説明を受ける学生
まずは木育の概要の説明を受けました

裏山でのワークショップの様子
いざ!裏山へ!

葉っぱをひらひらと落とす学生たち
どの葉っぱが一番長くひらひらするかな?

集めた自然物を並べる学生たち
集めた自然物で「みんなの美術館」

学生が集めた葉っぱコレクション
「おいしそうな葉っぱ」「穴が沢山あいている葉っぱ」などコレクションの数々

ページの先頭へ戻る