幼児教育学科

幼児教育学科1年生 後期オリエンテーション

2020.09.16

新しい生活様式の中で学びを深めます

来週より後期授業がいよいよ始まります。前期は、対面授業の機会が限られていましたが、後期は対面と遠隔の授業が、交互に行われる予定です。
久しぶりの登校を果たした学生たちは、新たなスタートに期待を寄せながら、オリエンテーションに臨みました。オリエンテーションでは、授業の日程、実習指導など、細やかな説明を聞き、ひとりひとりが今後の見通しを持つことが出来ました。

また、後半では基礎ゼミナールで計画されている、見学実習の事前学習が行われました。本学には附属施設として、幼稚園2園、保育園、子ども家庭支援センター(ラ・ルーラ)、児童センターがあり、授業内で子どもたちや、親子さんとの触れ合いの機会が得られる、恵まれた環境にあります。

メモをとりながら聞く学生
オリエンテーション
机上のあちらこちらに消毒スプレー、ペーパータオルなどの感染予防対策の中、真剣にメモをとります。

見学実習の事前学習の様子
見学実習の事前学習
見学実習の意義や、施設の概要、実習の心構え、歌あそびなどの実践をしました。

幼児教育学科では、質の高い保育者を目指し、今後もより実践力を高める楽しいプログラムを展開していきます。

ページの先頭へ戻る