幼児教育学科

小木曽ゼミの活動紹介「ゼミの研究テーマを考えよう」

2020.05.13

専門ゼミナールでは、学生が1人ずつ保育に関するテーマを決めて研究していきます。小木曽ゼミでは、それぞれが深く学ぼうとしていることを元にしながらゼミの研究テーマを考えました。学生たちが憧れる保育者の姿をまとめていくと、保育者の活躍は実に幅広く、多様であることが見えてきました。そこで、「どのような場所でも、どのような時にも、誰に対しても変わらずに大切にしなければならない保育者の関わりの姿勢」を考えていくことにしました。

モニターに映る仲間の顔
モニターに仲間の顔が映ると笑顔になります

ゼミのイメージ共有
ゼミの中でイメージを共有していきます

学生たちが情報を得る様々なツール
学生たちは様々な形で情報を得ます

遠隔授業の様子
共に学ぶ限られた時間を大切にします

遠隔による特別授業が行われる中、学生たちは仲間同士で励まし合い、教職員は学びを支えられるよう創意工夫しながら情報を発信しています。
保育は奥が深く、そしてとても面白い世界です。少しでも多くの学びを得ようと真剣に取り組む学生たちの姿は「学びつづける保育者」になるための大きな財産になると信じています。

ページの先頭へ戻る