幼児教育学科

西垣ゼミ「関市中央親子教室」で参観と実習をしています

2019.06.19

障害児保育コースの西垣ゼミでは、関市中央親子教室で、発達支援の必要なお子さんの療育の実際を参観させていただいています。2回の参観を通して、子どもの発達を促すためには、まず、今子どもが関心を示していることに寄り添いながら、その子の力を引き出していく関わりが大切だと、分かってきました。次の参観への期待が高まっています。

親子教室の主任指導員の先生から説明を聞く学生
親子教室の主任指導員の先生から施設や教材の説明、療育で大切にしていること等を伺いました。

療育用の遊具を使う様子を参観
幼稚園・保育所にはない療育用の遊具を使う様子も参観できました。

ミニ運動会
この日の活動はミニ運動会。学生もお手伝いしました。

手遊びを披露する学生

どんぐりの発芽

子ども達の前で手遊びをしました。子ども達が喜んで参加してくれとても嬉しかったです。

ページの先頭へ戻る