幼児教育学科

杉山ゼミが美濃加茂市と「きらきら かもジョProject」の連携活動を行いました

2018.08.01

杉山ゼミ生は、「女性が活躍できるまち みのかも」の実現にむけて、“きらきら かもジョ Project”に参画しています。

8月1日(水)、 第2回目として『女性が地域で輝きながら生きる』をテーマに、前半は13名が4つのグループに分かれ、美濃加茂市で活躍する女性4名にインタビューを行い、後半は“NPO法人Happynetみのかも”の代表理事を務める渡辺和代氏に講演をしていただきました。

前半のインタビューでは、4名のこれまでの活動や今の自分自身について、ワークライフバランスを中心にお話を伺い、その後、ゼミ生が個別に質問をして答えていただきました。実際に活躍される方からの生の言葉には驚きと感動を覚え、とても熱心に話が弾み、楽しい時間の中でとても多くのことを学べる機会となりました。

Aグループの様子
Aグループの様子

Bグループの様子
Bグループの様子

Cグループの様子
Cグループの様子

Dグループの様子
Dグループの様子

後半の講演では、渡辺氏が東日本大震災を受け被災地支援として始めた物資輸送をきっかけに、次々と課題に気づき解決するために多くの方との協力による取り組みやイベント活動など経験談をもとにお話をいただきました。

家庭を大事にしながらも、地域のために仕事と両立しながら活躍される渡辺氏の活動に学生たちも感心し聴き入っていました。

体験談の他、渡辺氏の常に前向きな人柄にも魅かれる講演となりました。

講演する渡辺和代氏
講演される渡辺和代氏

メモを取りながら耳を傾ける学生たち
メモを取りながら耳を傾ける学生たち

学生からの質問に応える渡辺氏
学生からの多様な質問にも対応していただきました

質問をする学生

地域で活躍できる女性に一歩近づいた体験となり、学生たちの今後の成長が楽しみです。

ページの先頭へ戻る