幼児教育学科

基礎ゼミナール「あそびすと養成講座」~園長先生方とともに~を実施しました

2018.07.11

幼児教育学科1年次では、保育者を目指す学生たちが、「あそび」の楽しさや大切さを実感し、子どもたちに伝えられるようにと、「あそびすと養成講座」を基礎ゼミナールの中で実施しています。

今回はその2回目。5名の保育園の元園長先生にお越しいただき、子どもたちがわくわくする様々なモノを作ってあそびました。その中で、「子どもに作り方を教えることだけを考えるのではなく、目の前の子どもがどんな気持ちなのかを考えることが大切です」という助言が大変印象的でした。

今日の学びは、10月20日に開催される大学祭での「わくわくあそびむら」で実際に展開する計画です。お楽しみに。

学生に語りかける元園長先生
聞き逃したくないベテラン先生のお言葉

まつぼっくりを使ったけん玉であそぶ学生
まつぼっくりを使ったけん玉

ハロウィンをテーマに手作りする学生たち
今日のテーマは「ハッピーハロウィン」

帽子や魔法のステックを手づくりする学生の様子
帽子や魔法のステックを手づくり

作業をする学生たち
ワイワイガヤガヤ、皆夢中です

ハロウィンのマントを身にまとう学生
こんな可愛いマントが出来ました

ページの先頭へ戻る