幼児教育学科

劇団から、子どもたちを楽しませるコツを伝授!!

2017.05.24

本学附属の桐ヶ丘幼稚園児とともに、「劇団風の子」鑑賞会を行いました

幼児教育学科では、劇団「風の子」をお招きして「いやだいやだのペンペロぺェー」の鑑賞会を行いました。当日は、本学附属の桐ヶ丘幼稚園の年長さんたち65名も一緒に鑑賞しました。一緒に笑ったり驚いたり、子どもの視点を感じることができました。

劇団「風の子」の皆さんには、毎年本学へお越し頂いて、鑑賞会のほか、1年生ゼミナール「あそびすと養成講座」を担当していただき、子どもたちとの遊び方や表現の仕方など、実践的に教えて頂いております。

劇団「風の子」の皆さんです劇団「風の子」の皆さんです

劇団の方々のパフォーマンスをこんな間近で見ることができます劇団の方々のパフォーマンスをこんな間近で見ることができます

様々なリサイクル品をつかってのパフォーマンスです。この長い筒は、電柱を作る型だそうです。様々なリサイクル品をつかってのパフォーマンスです。この長い筒は、電柱を作る型だそうです。

劇中では、学生や園児たちのなかに入って楽しませてくれました劇中では、学生や園児たちのなかに入って楽しませてくれました

この細い筒は、皆さんの家にもあるモノなんですよ。何だと思いますか。この細い筒は、皆さんの家にもあるモノなんですよ。何だと思いますか。

答えは、ラップの芯です答えは、ラップの芯です

買い物の時に使うエコバックも、風の子さんの魔法で・・・買い物の時に使うエコバックも、風の子さんの魔法で・・・

子どもたちを楽しませるアイテムに変わります子どもたちを楽しませるアイテムに変わります

いよいよ、劇の主役「ペンペロぺェー」の登場ですいよいよ、劇の主役「ペンペロぺェー」の登場です

幼稚園のお友達もお手伝いをしてくれました幼稚園のお友達もお手伝いをしてくれました

最後は、みんなで「はいっ、ポーズ!!」最後は、みんなで「はいっ、ポーズ!!」

劇終了後、汗だくの劇団員3名の方への質問タイムが設けられました。
学生から「子どもたちを楽しませるのに、気を付けていることは何ですか?」という質問がでました。風の子の方は「子どもたちと一緒に遊ぶ、自分も楽しむことです。そして、どうやって子どもたちの中にあるものを引き出すかということを大切にしています。」と丁寧に答えてくれました。
幼児教育学科2年生は、これから保育所実習が始まります。
劇団「風の子」の方々から教えて頂いた学びを実践につなげていけるよい機会となりました。

ページの先頭へ戻る