幼児教育学科

親子あそびの“プロ”を目指します! 専門ゼミナール活動「安桜こども館」へ実践発表に行きました

2017.05.17

幼児教育学科2年専門ゼミナール「子ども家庭支援コース」平松ゼミは、関市内にある「安桜こども館」へ学外学習に行きました。

こども館の先生方から親子遊びの実際と工夫点について教えて頂きました。乳幼児の遊びでは、安全面を考慮した作成や工夫が大切であることを学びました。
また、乳幼児の親子さんを対象にあそびの実践発表を行いました。親子さんたちの楽しそうな表情に、学びの手ごたえが感じることができました。

幼児教育学科では、学びの実践を行える施設が豊富にあり、生きた学習が行われています。

夏祭りの準備です。本物のすいかに見える工夫の研究中です。夏祭りの準備です。本物のすいかに見える工夫の研究中です。

子どもたちと一緒に担ぐ神輿のバージョンアップの相談です。子どもたちと一緒に担ぐ神輿のバージョンアップの相談です。

子どもたちが安全に遊べるための工夫についてディスカッション中です。子どもたちが安全に遊べるための工夫についてディスカッション中です。

実践発表の準備中に、待ちきれず子どもさんがのぞきに来てくれました。実践発表の準備中に、待ちきれず子どもさんがのぞきに来てくれました。

その後、グループごとによる実践発表を行いました。
乳幼児親子で楽しめるふれあい遊びを楽しみました。
学生が準備したマラカスを鳴らしながらピアノにあわせて体でリズムをとって遊びました。

学生と親子さん一緒に1つの輪になって「バスごっこ」です。おとなりへ「はいっ!!」学生と親子さん一緒に1つの輪になって「バスごっこ」です。
おとなりへ「はいっ!!」

学生と親子のふれあい遊びです。パンダ・ウサギ・コアラ♪学生と親子のふれあい遊びです。
パンダ・ウサギ・コアラ♪

実践発表のあとは、学生それぞれの研究テーマに沿って、保護者の方々にインタビューをさせて頂きました。

学生は親子さんたちと遊びながら、各自の研究テーマに沿って子育てについての質問をさせて頂きました。学生は親子さんたちと遊びながら、各自の研究テーマに沿って子育てについての質問をさせて頂きました。

「保護者の方と話す機会が少ないので、緊張しました!」「保護者の方と話す機会が少ないので、緊張しました!」

学生にとって保護者の方々との交流は、実際の子育てのエピソードをお聞きできる貴重な体験となりました。今回の学びを踏まえて、次回(6月)の実践発表に向けて準備をしていきます。

ページの先頭へ戻る