幼児教育学科

杉山ゼミが美濃加茂市「Family project」に参画します

2017.04.26

幼児教育学科の杉山ゼミ生14名は、美濃加茂市の総合戦略Caminho(カミーノ)のひとつである「Minokamo Family project」に参画することになりました。
「Minokamo Family project」は女性の視点から生まれたものですが、育児はパパの参加が必須です。そこで、杉山ゼミではママの思いとパパの思いにギャップはないか男性の意見も調査し、調査結果を生かしたイベント開催などでパパ育を推進していきます。

4月26日(水)は、美濃加茂市職員の方々を特別講師としてお招きし、美濃加茂市の人口の推移など市の現状や保育園・幼稚園について説明いただきました。また、公立の保育園に就職した際の福利厚生や給与体系の話しもあり、学生が人生設計を考えていく上で貴重な体験にもなりました。

今後は、5月17日に美濃加茂市でフィールドワークを行ったり、秋に開催されるカミーノフェスとの連携でイベントを開催したりしていきます。

講義の様子
講義の様子
自分がママになった時を想像し、理想のパパ像を発表する学生
自分がママになった時を想像し、理想のパパ像を発表する学生

ページの先頭へ戻る