幼児教育学科

ドキドキ!親子さんと触れ合い“見学実習”始まりました【岩野田児童センター】

幼児教育学科1年生は、6月に本学の系列機関である岩野田児童センターで、見学実習を順次行っています。
児童センターを系列機関として持つ本学では、県内で唯一『児童厚生2級指導員』の資格が幼児教育学科で取得できます。

児童センターでは、0歳児から18歳までの幅広い「子ども」を対象とする独特な施設です。
午前中は就園前の親子さんの教室が開催されており、そこで一緒に遊ばせていただきました。

今回は「シャボン玉あそび」。
最初はお母さんの後ろに隠れる子どもも、シャボン玉を飛ばすうちに心を開いてくれました。
その姿を見守るお母さんの姿からも多くのことを学ばせていただきました。

やっぱり、「あそびの達人」になることは、大切!
子どもたちのキラキラした瞳がうれしくて、「あそびの達人」を目指そうと、みんな心に誓いました。

ご挨拶のうたです。いつもと違う雰囲気に子どもたちも戸惑い気味
ご挨拶のうたです。いつもと違う雰囲気に子どもたちも戸惑い気味

外の広場で思いっきりシャボン玉を飛ばしました
外の広場で思いっきりシャボン玉を飛ばしました

「すごーい!ながーい!」あそびの達人めざして奮闘中
「すごーい!ながーい!」
あそびの達人めざして奮闘中

お母さんからも笑顔がこぼれます
お母さんからも笑顔がこぼれます

ホールに戻って、準備してきた「てあそび」を一緒にやりました
ホールに戻って、準備してきた「てあそび」を一緒にやりました

教室が終了したら、次回使うアイテムの制作のお手伝いです
教室が終了したら、次回使うアイテムの制作のお手伝いです

終わりは、24人のトンネルをくぐって「さようなら~」
終わりは、24人のトンネルをくぐって
「さようなら~」

幼児教育学科では、“あそびすと養成講座”で、あそびの達人を目指します。
7月30日(土曜)午前中に、“あそびすと養成講座”の授業を、高校生の皆さんに公開します。
併せて、ピアノレッスン・造形表現も体験できます。
高校生の皆さん、ぜひ中部学院大学短期大学部幼児教育学科にお越しください!

ページの先頭へ戻る