幼児教育学科

子どもたちと触れ合い!“見学実習”始まりました【常磐保育園】

幼児教育学科1年生は、6月に本学の系列機関である常磐保育園と岩野田児童センターの2施設で見学実習を順次行っています。
保育者を目指す1年生が、保育現場の様子を観察します。
見学実習といっても、実際に子どもや親御さんと触れ合います。

常磐保育園では、奥村園長先生より「よく見ること、やってみること」の2つの宿題をいただき、初めての現場で一生懸命子どもたちと触れ合いました。

外遊びでは、砂場やボール遊び、遊具で遊ぶうちに、子どもの目線が理解できるようになり、自然と話しかけられるようになりました。
体操教室も一緒に体験しました。
子どもたちの一生懸命に運動する姿に、応援の声も大きくなります。
3歳未満時児の部屋では、絵本を読んだり、給食の配膳を手伝ったりして、子どもの様子を肌で知ることができました。

短い時間ではありましたが、これから2年間で目指したい保育の世界をイメージすることができました。
これからも、子どもたちの笑顔を思い描いて、しっかり学びます!

「いっしょにあそぼー」子どもの方が学生を受け入れてくれます
「いっしょにあそぼー」
子どもの方が学生を受け入れてくれます

男の子はサッカー大好きです
男の子はサッカー大好きです

「何を作っているの?」小さな芸術家ぞろい
「何を作っているの?」小さな芸術家ぞろい

体操教室では、学生も真剣です
体操教室では、学生も真剣です

「上手に食べれるね!」おいしそうだなあ、、
「上手に食べれるね!」
おいしそうだなあ、、

声をかけてくれて、しあわせ!
声をかけてくれて、しあわせ!

ページの先頭へ戻る