幼児教育学科

コース紹介

将来の目標に向かってコース選択
“あそびすと”からさらに進化した“あそびスター”

乳幼児保育コース

赤ちゃん親子とふれあいながら学ぶ

乳児や幼児の大好きな遊びって?
食事や睡眠といった基本的な生活習慣のリズムは?
実際に乳幼児の親子に高い頻度で接し触れ合うことで、肌で理解するとともに、健やかな発達と成長をサポートするための専門知識と技術を習得していきます。また、保育者にふさわしい豊かな人間性を育みます。

乳幼児保育コース

障がい児保育コース

障がい児保育のカリキュラムが充実

障がいを持つ子どもと接するには、障がいとは何かを正しく理解し、一人ひとりの個性を十分に把握する必要があります。
そのための専門的な知識と技術を身につけ、その上で、それぞれの発達の課題を確実に捉えられるように、様々な角度から考え研究していきます。

障害児保育コース

子ども家庭支援コース

地域とともに成長するプログラムが豊富

子どもの成長にとって、その子を取り巻く“環境”は、家庭を含めとても重要です。
そのため、保育者にとって、親の子育てに対する不安を解消したり、虐待の防止につとめることは、とても大切な視点であり、役割です。子どもと家庭にとっての保育者の役割を理解し、家族の福祉についても学びます。

子ども家庭支援コース

ページの先頭へ戻る