看護リハビリテーション学部 看護学科

看護学科の学び

チーム医療を学び、それを担う人材へ

本学科では福祉系総合大学としての強みを生かし、これまでの医療・福祉教育をベースに包括的に医療・保健・福祉を学ぶことができます。
関キャンパスに結集した理学療法学科や人間福祉学科と学びの面で密接に連携し、キャンパスライフでも協力・交流。そうすることで、医療福祉を基盤とした「チーム医療」への理解をより深めることができます。

POINT チーム医療の担い手を育成する中部学院の教育体制

チーム医療

3年次で学ぶ「チーム医療論」

看護の支援方法として多職種との連携・協働のあり方とチームケアについて実践的に学びます。
本科目はオムニバス形式で看護学科、人間福祉学科、人理学療法学科の教員が担当。
本学の教育課程である医療(看護)、福祉(社会福祉・介護福祉)、保健(理学療法)の各分野の実践方法や、その活動における連携の現状と手法を理解します。

POINT 医療のグローバル化に対応できる高度な看護実践能力を身につける

アクティブラーニング

学生自ら発信し学び合うアクティブ・ラーニング

専門的な知識や高度な看護実践力の習得に加え、コミュニケーション能力や倫理観を養う人間教育へも力を注ぎます。
さらにはそれぞれの看護テーマに沿ったグループ討論やプレゼンテーションを行う、アクティブ・ラーニングも実施。恵まれた環境の中で、将来の医療現場の要となる資質を育みます。

ページの先頭へ戻る