村田ゼミ活動紹介「中濃特別支援学校児童との第1回交流活動に向けて準備中!第4弾」|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

村田ゼミ活動紹介「中濃特別支援学校児童との第1回交流活動に向けて準備中!第4弾」

村田ゼミでは、「発達障がい児や知的障がい児が、分かって、動ける活動を提案・実行できるようになる!」ことを目標に取り組んでいます。

 

727日(水)の村田ゼミは、928日に延期になった「第1回中濃特別支援学校児童との交流会」のリハーサルを実施しました。

 

今年度のゼミ生は、コロナ禍の影響により、直接児童と関わる機会がない状態で、交流活動の内容や当日の動きを確認しなければならないという、極めて高度な取り組みをしています。ゼミ生は、児童の授業風景を録画した動画の内容、中濃特別支援学校見学時に三尾小学部指導主事からいただいたアドバイスを繰り返し思い出しながら、交流活動案の修正を繰り返し、本日のリハーサルに臨みました。

 

リハーサルでは、当日の活動の流れや役割を確認するだけではなく、お互いの活動内容について意見交換を行い、より良い活動にしていこうという雰囲気の中で進められていました。

 

村田ゼミの活動は、本日で終了。村田ゼミの前期の試験内容は「とびきりの笑顔とポーズで集合写真をとろう!」としました。チャンスは一回のみ。1人横顔の学生さんがいましたが、皆良く頑張ったので、全員合格にしました!

 

後期の村田ゼミの開始は921日(水)。しばらく期間が空きますが、ゼミ生は学生最後の夏休みを満喫して、元気に戻ってきてくれることでしょう!