リモートで交流!『#おうちフェスティバル2021』を開催しました|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

リモートで交流!『#おうちフェスティバル2021』を開催しました

昨年度の活動を発展させる形で、オンラインで、親子と学生が一緒に遊びを作り、遊びながら交流を図る企画を計画しました。本年度は2歳~小学校5年生までの親子9組の申込をいただきました。学生たちは、子どもの発達段階に応じた遊びの内容を何度も検討し、材料調達・キット作成、説明書作成などをすべて一から行いました。そして、9種類の学生の思いが詰まった遊びキットが完成しました!本日は9つの“おうち”(ブレイクアウトルーム)に分かれて、それぞれのグループで親子と交流をしました。最初は緊張していた学生ですが、徐々にコミュニケーションがとれるようになってきました。子どもたちの様子をよく見て、寄り添いながら声を掛けたり見守ったりしながら、自分たちが考えた遊びの制作を行い、一緒に遊びました。秋の素材や廃材でカスタネットやマラカスを作ったおうちでは、クリスマスの曲を流しながら、親子と一緒にリズム遊びも楽しんでいました。1年生の学生にとっては実際に親子とかかわることは初めての機会となりました。2月には初めての幼稚園教育実習を控えています。子どもとかかわることの喜び、教材研究、環境構成の大切さを自分の体験から学ぶことができました。
幼稚園教諭・保育士コースでは、今後もこういった実践的な学びを深めていく予定です。ご参加いただきました親子のみなさま、ありがとうございました!

ZOOMを使った#おうちフェスティバル2021の開催です!

自己紹介をします!

紙コップを使った制作に挑戦しています。上手にできるかな??

魚釣りを作って、一緒に遊びましょう!

紙粘土を使ったオリジナルクリスマスリースの完成です。

初めての交流は素敵な笑顔でスタートです!

サンタクロースを作ります。見本を見せながら、分かりやすく説明します。

どのように相手に見えるかを考えながら、頑張って説明をしました。

関連情報

6.19 オープンキャンパスを開催します

6.19 オープンキャンパスを開催します

L.E.A.PPlaza交流企画 イースター(復活祭)をエッグハントで祝おう

L.E.A.PPlaza交流企画 イースター(復活祭)をエッグハントで祝おう

看護学科2年生が『高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン』の救護ボランティアに参加しました!

看護学科2年生が『高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン』の救護ボランティアに参加しました!