L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画 「学びの地:岐阜を知ろう!(その1)」|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

L.E.A.PPlaza日本人学生と留学生の交流企画 「学びの地:岐阜を知ろう!(その1)を開催しました

2021年11月10日(水)の昼休み、関キャンパスL.E.A.PPlazaにおいて、今井春昭先生による「学びの地:岐阜を知ろう!(その1)」を開催しました。学生24名と教職員8名が参加しました。
岐阜県に対する捉え方は様々ですが、今回は“日本の人口重心”という観点から岐阜県を考えるというテーマでお話をしていただきました。
5年ごとに行われている国勢調査によると、日本の人口重心地は、岐阜県関市中之保地内にあり、ここ数年のうちには関市内から加茂郡内へ移動していく可能性が高いそうです。したがって、日本の人口重心地として全国に関市を知ってもらうための取り組みは、今しかそのチャンスは無いとのことでした。また、地域ブランド調査によると、例えば、全国100人にアンケートを取ってみた場合、岐阜県の知名度は最も低くなるそうです。しかし、日本の中心に当たる岐阜県の良さがどこにあるかを見つけていくことで、新しく多様な文化が生まれていくことになり、ぜひ皆さんにも一緒に考えていって欲しいとのエールが送られました。
次回、今井春昭先生による「学びの地:岐阜を知ろう!(その2)」は、11月24日(水)12:30~13:10に L.E.A.PPlazaで開催します。皆さんのご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、6号館1階の国際交流・留学生支援課まで。
 

今井先生の質問に答える学生 今井先生の質問に答える学生
学びの地:岐阜県はどちらでしょうか?の問に回答する学生 学びの地:岐阜県はどちらでしょうか?の問に回答する学生
交流会には多くの学生が参加しました 交流会には多くの学生が参加しました