看護学科マラソンゼミ活動|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

看護学科マラソンゼミ活動

「髙橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」医療ボランティア

看護学科は、例年「髙橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」医療ボランティアとして参加しています。
今年は、コロナの影響でオンラインでの開催となり、岐阜県のコースを走ることはなく、ボランティアの参加もありませんでした。しかし、ボランティアの参加がなくてもこのマラソンの医療ボランティアとして引き継がれてきた技術や精神は、ゼミ活動で継続しています。その活動の様子を「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン実行委員会」へ報告したのでご紹介します。



「この度は、ぎふ清流ハーフマラソンの記念TシャツとCapを頂戴し感謝申し上げます。救護ボランティアの活動は大会の中止によりできませんでしたが、ボランティアに参加するための準備として、モデル人形やAEDを用いて心肺蘇生法の訓練を行う機会となりました。今後も、人のために自分に何ができるのかを常に考えて行動し、看護師を志す学生として勉学に励みたいと思います。
中部学院大学 看護リハビリテーション学部 看護学科2年生」