新入生の大学生活がスタートしました|中部学院大学・中部学院大学短期大学部ホームページ

新入生の大学生活がスタートしました

新入生が大学生活を始めるためのオリエンテーションを、4月3日(土)から6日(火)に実施しました。

距離をとって着席する新入生
資料を使った教員の説明

オリエンテーションでは、教員紹介から始まり、大学生活で必要な手続きや奨学金の説明、コロナウイルス感染予防の方法などを説明します。また、時間割の作成や教科書の購入など、授業の準備もすすめます。2年生もサポート役として参加し、教員と共に新入生の相談に対応しました。

新入生をサポートする2年生の様子1 2年生が新入生のサポート役として参加しています
新入生をサポートする2年生の様子2
スマートフォンの操作を確認する新入生 スマートフォンを実際に操作しながら確認

2021年度は、コロナ感染予防のため、対面と遠隔授業が交互に行われます。オリエンテーションでは、学生が持っているパソコンやスマートフォンを使って、遠隔授業の方法を実際に操作して確認しました。

参加した新入生は、初日には緊張感が伝わってくるような表情をしていましたが、オリエンテーション最終日には全員が時間割作成等の手続きを終えることができ、また同級生同士で談笑する姿もみられました。
準備を整えて、7日(水)から社会福祉学科の最初の授業がスタートしました。